MENU

【9P無料】漫画『203号の隣人は鍵束一つ残して消えた。』を無料で読む方法は?【RJ417571】

203号の隣人は鍵束一つ残して消えた。』は203号室に住む主人公がお隣さんにストーカーをしていたところ、実はお隣さんが仕向けていた罠で…という同人作品です。

この記事では試し読みの内容や最安値価格について紹介していくので、なるべく安く読みたい方は要チェックです。

作品情報
203号の隣人は鍵束一つ残して消えた。
総合評価
( 4.5 )
作品タイトル203号の隣人は鍵束一つ残して消えた。
作者閏あくあ
ジャンル連続絶頂 断面図 おもちゃ ヤンデレ 中出し 閉じ込め 合意なし
ページ数80ページ

DLSiteなら初回登録で300円OFFクーポン貰える!

DLSiteなら初回登録で300円OFFクーポン貰える!

目次

203号の隣人は鍵束一つ残して消えた。を無料で読む方法は?

203号の隣人は鍵束一つ残して消えた 無料
配信先DLSite(がるまに)
定価価格770円
割引価格470円

『203号の隣人は鍵束一つ残して消えた。』はDLSite(がるまに)でのみ販売されている専売作品なので、他の電子書籍ストアでは読めない漫画作品です。

過去に無料で配信されたことはありませんが、300円OFFの初回登録クーポンを使えば最安値で読めます。

DLSiteなら初回登録で300円OFFクーポン貰える!

『203号の隣人は鍵束一つ残して消えた。』の無料で読める試し読み

DLSiteなら初回登録で300円OFFクーポン貰える!

203号の隣人は鍵束一つ残して消えたのあらすじネタバレ

主人公は自室の隣に住む「鞍馬凪人」にストーカー行為を及んでおり、物語の冒頭では罪悪感に耐えきれずに主人公が鞍馬へとストーカー行為を告白します。

しかし実は鞍馬がストーカーをさせるように仕向け、今までの好意は鞍馬が主人公を手に入れるための下準備だったと分かります。

また、作品の表紙はラストの内容を匂わせており、主人公が鞍馬によってどのような扱いを受けるか考察ができるようになっているので要チェックです。

203号の隣人は鍵束一つ残して消えた。の作者によるマンガ一覧

作者「閏あくあ」さんは作画のみ担当しており、「金魚の屍骸は沼の底」「先輩、そんなの知らないです」をDLSite専売で販売しています。

DLSiteなら初回登録で300円OFFクーポン貰える!

203号の隣人は鍵束一つ残して消えた。が好きな人におすすめなマンガ紹介

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次