NEWS
2022.6.16
主題歌決定!予告解禁!
この度、「ガリレオ」シリーズが生んだ最強ユニットKOH+が復活!新曲「ヒトツボシ」が本作の主題歌に決定しました!
約9年ぶりとなる新曲「ヒトツボシ」での再始動が決定しました!元々「ガリレオ」連続ドラマの主題歌を制作するために結成された福山雅治と柴咲コウによるユニット“KOH+”。今回も本作『沈黙のパレード』のために、福山雅治がプロデュースと作詞作曲を、柴咲コウがボーカルを担当。劇中の湯川×内海としてのみならず、その音楽性でも世間を魅了し続けてきた最強ユニットKOH+の再始動にぜひご注目ください!


さらに、主題歌を使用した最新予告映像も解禁に!
華々しいパレードの裏で一体何が起きたのか?過去、数々の難題に挑んできた湯川×内海×草薙が、新たな難事件に挑む!

福山雅治 コメント
曲『ヒトツボシ』はシンガー柴咲さんに当て書した一曲です。
歌入れを行ってみて柴咲さんの表現が吹き込まれると、楽曲に血が流れ柴咲さんしか表現できない歌世界が現れました。
劇場版ガリレオ第一弾、『容疑者xの献身』の主題歌『最愛』。その時もKOH+で担当させていただきました。
その際の楽曲のテーマは、登場人物である石神の「決して報われることのない願い、その魂の鎮魂歌になれば」という思いで楽曲製作しました。
今回も同様に登場人物の鎮魂歌として描きました。
「いつか いつの日にか 君がわたしのこと 泣かずに思い出せるように 君の物語の邪魔しないように」
「君が 誰か愛し 愛されますように 本当は少し寂しいけれど…」
一見すると矛盾ある感情をひとつのサビの中に共存させました。
一方向の感情だけではなく相反する感情が同居して初めて本当の感情になる。
KOH+の作品づくりにおいては歌詞表現はその辺りをポイントに制作しています。
今回、シンガーである柴咲さんの歌声と表現力が、人間が持つ苦しみや哀しみ、どうしようもない矛盾を、深く包み込んでくれています。
楽曲『ヒトツボシ』、映画をご覧になってくださる皆様の心の深いところまで届くことを願っています。
柴咲コウ コメント
KOH+はガリレオシリーズから生まれたユニット。
今回新たなレコーディングの際、訪れたプロデューサーが涙し聴いてくれた。
彼らはガリレオシリーズをずっと愛し制作している人たち。
『沈黙のパレード』の物語と呼応するようなこの曲が、同じくこのシリーズを愛してくださってる方々の心に深く届くと良いなと思う。
2022.6.6
期待の新星 川床明日香・出口夏希
出演決定!
本作を盛り上げるフレッシュな新キャストが解禁となりました!


今作の舞台となる菊野商店街の定食屋「なみきや」を営む飯尾和樹・戸田菜穂の娘で、幼い頃から商店街の人々に我が子のようにかわいがられ、自分の可能性を試してみたいと夢見る姉・並木佐織を、第18回ニコラモデルオーディションで1万人を超す応募者の中から見事グランプリを獲得し、日本テレビ「俺の話は長い」(2019年)やNHK連続テレビ小説「なつぞら」のスピンオフドラマ「十勝男児、愛を叫ぶ!」(2019年)などに出演する川床明日香が演じます。

さらに、同じく「なみきや」の娘で、明るく人懐っこい活発な妹・並木夏美役を、ミスセブンティーン2018で「Seventeen」の専属モデルとしても活躍し、今年は是枝裕和監督初のNetflixシリーズとなる「舞妓さんちのまかないさん」でW主演として出演が決定するなど、モデルだけでなく俳優業にも活躍の場を広げる出口夏希が演じます。

川床明日香 コメント
オーディションで合格した時は、嬉しさよりも、自分が「佐織」という役を演じきれるのか漠然とした不安がありました。
物語としてみると「佐織」は悲しい役かもしれないですが、演じている時は、本当に色々な人達に愛してもらったと感じる時間の方が長かったので、私は「佐織」と過ごす時間がすごく幸せな時間でした。
撮影中の西谷監督は、とても集中されていた印象です。時には挨拶しても聞こえないくらい集中されていて、作品に対する真摯な想いを感じ、私も「佐織」をどう演じればよいかと常に考えました。
元々お芝居は好きでしたが、ひとつの作品を作るということに参加できる楽しさを感じ、またこの作品を通してやはりお芝居が好きだと思えるようになったので、今後もお芝居を続けていけたらすごく幸せだなと思います。
出口夏希 コメント
オーデション台本を頂いて、絶対に演じてみたい!と思った役でしたので、合格した時はとても嬉しくて「おっしゃっ!」 という感じでした(笑)。
私の演じた「夏美」は、すごく明るく元気な女の子です。
両親やまわりの人達が悲しんでいる時は「私はしっかりしないと」と責任感も強い性格なので、普段より声を張ったり、少し大きめな笑顔などを意識して演じました。そんな「夏美」 の良いところを表現出来ていればよいなと思っています。今回の作品で、お芝居に対して以前よりも前向きに考えられるようになりました。まだ経験値も少ないので、今後は頂いたお仕事に一つ一つ丁寧に向き合いながら、色々な経験をさせて頂いて今後の目標を見つけていきたいと思います。
西谷弘監督 コメント
並木佐織という娘に、その両親や近所の仲間たちは惜しみなく愛情を注ぎ育てました。
そんな大人たちの愛にどれだけ感情移入できるかが、この映画のカギ。
そこで、観客がその想いにより共感してもらうためにも、佐織役にはまだ名も無き新人からの抜擢にしてみたいと。それならば妹の夏美役もと、同時にオーディションを組んでもらいました。2人ともお会いしたのは初めてです。
2人に共通して言えることは、ベテラン俳優さんたちに囲まれながらも物怖じせずに演じきったこと。その成長のスピードとパワーは「若さ」だけではない。「才能」だと感じました。

今回の役をオーディションで勝ち取った2人は、映画界を牽引する豪華俳優陣の中で、一体どんな演技を見せるのか?是非ご注目下さい!

左から川床明日香、出口夏希
2022.6.2
9名の新キャスト解禁!
本作を彩る9名のキャストが新たに解禁となりました!


殺害された女子高生の父で、菊野商店街の定食屋「なみきや」を営む並木祐太郎役に飯尾和樹
並木祐太郎の妻・並木真智子役に戸田菜穂
祐太郎の幼馴染であり冷凍食品会社「トジマ屋フーズ」を営む戸島修作役に田口浩正
菊野市にある印刷会社デザイン部に勤めている高垣智也役に岡山天音
かつて少女殺害事件で無罪となり、女子高生を殺害した容疑者として浮上する蓮沼寛一役に村上淳
蓮沼寛一の元同僚・増村栄治役に酒向芳
菊野商店街にある老舗の本屋「宮沢書店」の店主・宮沢麻耶役に吉田羊
菊野市に住む音楽プロデューサー・新倉直紀役に椎名桔平
新倉直紀の妻・新倉留美役を檀れいが演じます。

映画界を牽引する名だたる顔ぶれの豪華俳優陣が、「ガリレオ」の世界でどのような化学反応を生み出すのか、ぜひご期待ください。
以下、キャストの皆さまからのコメントになります。

飯尾和樹
今回頑固な父親役で、普段の自分とは全く違う性格なので演じるのがとても楽しみでした。
ただ普段のにやけ顔が抜けなくて、西谷監督からも「もう少し怒ってください」と注意を受けました(笑)。
西谷監督や戸田菜穂さんを始め共演者の方々と不自然ではない日常の動きを追求し、感情も動きにもこだわって演じたので撮影はとても楽しかったです。どの目線で観てても面白いと思うので、最低3回観ていただけると嬉しいです。
戸田菜穂
西谷監督の眼光鋭く、良い作品にするぞ!!という気迫がメラメラと立ちのぼる最高の現場でした。
私も毎日スタジオへ行くのがワクワクしていました。
家族愛や仲間への愛にあふれた作品となっています。
謎解きと共にラストまで楽しんでいただけると思います!!
田口浩正
今回の役柄は、とにかくやらなくていいこともやっている男です(笑)。西谷監督の演出にどうアプローチしていくか、監督と役を作りあげていく感じがとても楽しかったです。
どこを見てもドラマチックなことが散りばめられてる作品だと思いますが、それはもちろん福山さんと北村さんの関係性、僕と飯尾さんの関係性など積み重なった群像のドラマチックさが詰め込まれているので、どこも見逃さないでほしいです。
岡山天音
西谷監督の作品には、自分が繰り返し観ている思い入れ深い作品があり、今回その現場に立てた事がとても嬉しかったです。
共演の皆様と一緒にシーンを作って行く過程にも独特の緊張感があり、そこでも多くの事を学ばせていただきました。
監督の作品に懸ける想いを間近で感じ、その一端を担うべく、思いを込めて演じております。
今作が皆様の日常と、どう響き合うのか、今から公開が待ち遠しいです。
酒向芳
人間が生きていく上でのどうしようもない苦しみや悲しみ、優しさなど、そういった想いの切なさが残る作品だと思います。
そのどうしようもない人間の性を観てほしいです。柴咲さん、北村さんに助けられました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
村上淳
非常に緻密な脚本と冒険に出かけるようなワクワク感、憧れ続けていた西谷組は、僕の中で完璧に近いです。
今回、福山雅治さんに胸を借りれることが非常に嬉しくて、肩の力を抜いてリラックスしてあるがままに演じることが出来ました。
吉田羊
福山さんとは6年ぶりに共演させていただきましたが、以前と変わらず現場にいらっしゃるだけで心地よい緊張感とパッと空気が和む感じを受けました。西谷監督とは今回初めてご一緒させていただき、後ろにも目があるのではないかと思うくらい隅々までお芝居を見て演出をつけていらしたのがとても印象的でした。古くから付き合いがある商店街の関係性を作ることを丁寧に演出してくださり、家族のようなお付き合いの空気が伝わるシーンができてると思います。
檀れい
西谷監督の演出は、まるで針の穴に細い糸を通すかのような本当に繊細な作業で、そこに向かう難しさと同時に挑戦する楽しさを感じながら演じさせていただきました。
とてもいいチームワークで、歴代のガリレオシリーズに並ぶ素敵な作品に仕上がっていると思います。ぜひ多くの方に見ていただけたらと思っています。
椎名桔平
チームワークがよく、スタッフ・キャストが本当にいいものを作り出そうとすると素晴らしい現場でした。
本作はミステリー作品ではありますが、コロナ禍で人々の交流が少なくなっている中、家族や自分の近しい人の大切さをとても感じていただける人間愛のある作品になると思います。
2022.4.27
最新ビジュアル&特報映像解禁!
本作の最新ビジュアル&特報映像が解禁となりました!



特報映像に使用されている楽曲は、ガリレオといえば!の名曲「vs. ~知覚と快楽の螺旋~」の2022年ver.になります。
湯川(福山雅治)と内海(柴咲コウ)の最強コンビ復活の一方で、やつれた表情の草薙(北村一輝)の姿も…?
一体この先にどんなドラマが待っているのか…。ご期待ください!

なお、今回解禁となったティザーポスター・チラシは、
4月29日(金・祝)より順次全国の映画館(一部劇場を除く)で掲出予定です。